【3月11日の海。-襲-】

<この記事は2011年3月11日、東北地方沖で発生した巨大地震によって発生した津波が、千葉県北東部(旧飯岡町)に到達した時(約7メートル)の被害を、その地域に住む著者が具体的描写で個人的に記録、見解を述べたものです。>
注)被害状況の実際の画像を掲載してあります

 

【3月11日の海 。 -襲-】

 

 

私が自宅で美容室を始め、ニ年ほど経過した三月の事。

 

その「揺れ」は小学生の女の子の前髪をちょうど切り終える頃に始まりました。

 

7・8秒ほど経った頃でしょうか…  

「なんか揺れが長いね。」

 

子供のお母さんが言いました。

 

私もそう思いましたが、どうせすぐに治まるだろうと思っていました。

 

ところが揺れは治まるどころか横にどんどん増してきています。

 

これはマズイという感覚に変わりました。

 

私は女の子の肩に手を添え、とりあえず椅子から落ちないよう、怖さが増さないよう配慮し、

 

駐車場に停めてある車に目をやりました・・・。

 

車体は前後に大きく揺れ、見たこともない動きをしています。

 

その様子を見て私は、揺れが異常だということを再度認識しました。

 

倒れてきそうな物を警戒しながら、揺れがおさまるのを見計らい、

 

すぐさまテレビの電源をONにしておきます。

 

「よかった、テレビはつく!」

すぐ必要なのは情報でした。

 

となり近所の人も慌てて家から出てきています。

 

また揺れが来るかも知れないと話しながら、駐車場の真ん中あたりに誘導しました。

 

そして、髪を切り終えた女の子と、そのお母さんも急いで車に乗り、家の方へと戻ります。

 

揺れの余韻が残る中、その時すでに私の意識は何となく海に向いていました。

 

家から海までの距離は420メートル。大津波が来た場合、とても安心できる場所ではありません。

 

地震の次は津波・・小さい頃の記憶ですが父親に何度か言われた事が頭に残っていたんだと思います。

 

そしていったん店の中に入り、テレビに目をやりました・・・

 

驚いた、というより受け入れられずに数秒間呆然としていました

「・・・ウソだ」

その画面には日本列島太平洋側の全域に赤い点滅が印されています。

 

「大津波警報」です。

 

今までの人生、何回か観た事のある津波注意報などではありません。

 

デカイ津波の到達が確定という事です。

 

間違えであって欲しい、という思いがあった為、何度も見直したりチャンネルを変えたりしました。

 

どこも同じです。

 

「さぁどうする。」

 

冷静な対処をしようと思い、即座にセルフトークをします

 

子供達二人は保育園、そこは一応避難所となっている施設ですが…

 

少し迷いながら、妻と連絡を取るべく携帯電話を鳴らし続けます。

 

auでは10回ほどのリダイヤルでつながりました。

 

すでにこちらへ向かっているとの事だったので、妻が到着する前に急いで子供たち迎えにいく事にしました。

 

途中、お年寄りの方も避難のため何人か保育園に向かっています、急いでいる様子はありません。

 

到着すると子供達、先生方も慌てる様子は無く、順次お迎えをすませているところでした。

 

私は下の子を抱きかかえ、上の子は手をつないで急いで家に向かいました。

 

途中、何度か余震もあり、ブロック塀が今にも倒れて来そうでした。

 

家につくと子供達には離れないよう言い聞かせ、

 

とりあえず貴重品と大事な物をまとめておきました。

 

正直、本気で避難する準備はしていませんでした。

 

テレビの情報を見たにも関わらず、今まで津波に襲われたことが無いという”驕り”があったんだと思います。

 

一旦落ち着いたところで気になるのがやはり海の様子、それと「実家」。

 

私の家から、さらに250メートル海寄りにあります。

 

母が美容室を営んでおり、父、兄、姉、姪、甥の六人住まいです。

 

子供達の事は妻にバトンタッチ、車での避難準備を一応頼んでおき、自転車で向かいました。

 

実家には高校生になる甥が一人残っています、

 

すでに連絡は取れており、じきに姪が到着し、車で避難するという事でした。

 

 

その間、、、旭市の防災無線からは

 

「ただいま 飯岡沿岸部に 津波が到達しています  海岸付近には近寄らず 避難してください」

という内容の放送が、三回ほど聞こえてきました

 

この 「到達しています」 という内容と、いつもとあまり変わらない ”緊迫感のない” 口調の放送を聞き、

 

「なんだ、もう津波ってとどいてるんだー」

 

「堤防で止まりそうだな」

 

何となくそのような解釈をしてしまいました。

同じように感じた町民も少なくないと思います。

 

・・・津波が到達しているにも関わらず、静かな海。

 

私は150メートル先の海岸線に目を凝らしました。

 

するとうっすら道路が濡れているのに気がつき、その先には一人のおじさんが堤防の上に立ち、腕組みをして海を眺めています。

 

津波が押し寄せているのに、それをのんびり眺めている人はいません。

 

何故道路が濡れているのか、そして ”到達した” というのはどの辺りまで来たのか、

 

あの人に聞いてみようと思い、自転車をこぎ出しました。

 

道が濡れているのは下水から逆流してきた海水だったようです。

 

近くまで行き話を聞いてみました。

 

最初の波で堤防を8割程登ったらしいのです。

 

見ると堤防の結構上の方まで水の跡があり、・・・・海の水は引いています。

 

少し奥の波消しブロックあたりまで引いています。

 

何となく薄気味悪さを感じました。

 

辺りを見回してみると所々にまだ人が立っており、

 

私もすぐ引き上げるつもりでいましたが、どうも気になっていられませんでした。

 

その間消防車や緊急車両等は海岸線を ”一台” も通りません。

 

津波が気になり海岸道路まで来た人は皆、沖の方を見つめています。

 

私もおじさんと話しながら10分ほど経った頃です。

 

遠い沖の方に白いスジが見えました。

 

海に向かって左方向、手前の「はとさき」堤防に重なるように横一線の長ーいスジです。

 

「あれは、何ですかね?」

 

私は指をさしてたずねました。

 

すると、

 

「あー、来た、来たー来たー。」

 

おじさんは苦笑いしながら言います。

 

白いスジはジワリと向かってきます、真っ正面に来るわけではなく、さほど高さも感じません…

 

確実に「津波」とわかるまでに少し時間がかかりました。

 

しかし…ジワリと、間違いなく向かってきます。

 

その時はまだ道路(海岸線)まで上がってくるのかなぁ…といった印象でした。

 

私は津波を待つ格好となり、自転車を逃げる方に向け、しばし見届けます。

 

まず波の先端が消波ブロックの間を抜け、雑草のゾーンを覆い、

 

這い上がるような海水は堤防の一番上をザバンと乗り越えました。

 

最初は八軒町の下辺り。

 

ちょうど乗用車も通りかかってしまい、波をかぶってしまいました。

 

その辺りでおじさんは「さて、俺も行くか。」と退散。

 

堤防を登りきらない海水は行き場を探す様に大きな黒い渦となり、

 

それが五つ六つとひしめいています。

 

到達した時には左方向からやって来た波ですが、堤防を乗り上げ、

 

こちらに向かってくるときにはやや右方向からでした。

 

押し寄せてくるというよりあぶれ寄せるという感じで、

 

雑草の間の人が通るスペースをきっかけにこちらにも登って来ました。

 

波の先端が自分の足元から約20メートルってところまで来て感じました。

 

「これはマズイ、こちらの通りにも上がってくる!」

 

急いで自転車に乗り、まっすぐ家に向かい、漕ぎ出しました。

 

町内の通りには雑談でもしていそうな雰囲気のグループが二、三箇所見えます。

 

まず最初に新聞屋さんのおばさんとお孫さん達が駐車場の車付近にいたので叫びました、

 

「波が登って来る!早く2階あがって!!」 と。

 

ギリギリまで状況を見ていた私は(さすがに二階までは水が届かないだろう)と感じ、

 

勧告ではなく何故か”指示”のような言い方になっていました。

 

当然今からの避難では確実に間に合いません。まして私と違い心の準備も無く、

 

突然黒い波が向かってくるのを目撃した場合は行動できるかどうか・・・

 

波は後ろに来ています。

 

スピードはありませんが異様な圧迫感です。

 

残りの人達にも同じように声をかけ、家に到着。

 

「二階上がれー!」入ると同時にと叫びました。

 

コタツに入っている子供達二人を引きずり出し、担いで二階の寝室へ。

 

二階の窓から道路を見ると…

 

海の水は車を数台押し流しながら今来た通りを登って来ています。

 

もう念を送ることしか出来ません。

 

そして家の60メートル手前で止まり、

 

その後スーッと引いていきました。

 

それを見届けた直後、気持ちは一変。すぐさま「避難モード」に移りました。

 

(もう一度来るかもしれない!)

 

先ほどまでの取り敢えずの準備ではなく、紛れもない「緊急避難」です。

 

もちろん人生初の本番。

 

車に貴重品、布団、薬、色々と乗せ、戸締り。

 

どうなるかわかりませんが取り敢えず燃料を入れておきたい為、ガソリンスタンドに向かいました。

 

ガソリンを満タンにした後はコンビニ、すでに人もバタバタと多く、

 

陳列棚は今まで見たことの無いようなガランとした状態、

 

何とか夕食と夜食分を確保できました。

 

その後、実家の人らと連絡を取りつつ40メートル程の高台、塙地区へ避難、

 

車を大きな倉庫前のスペースに停めさせてもらいました。すぐ脇には自動販売機があり、

 

ちょうどよい灯りとなっていました。

 

薄暗かったのですが、その一帯には50台近くの車が避難しに来てたと思います。

 

その辺りは防災無線もハッキリとは聞こえない為、

 

避難していない三川地区にいる友達に津波警報が解除になり次第連絡くれるようたのんでおきました。

 

「たぶん明日まで解除にならない」

 

という声もあったので、一晩車の中で過ごす準備に切り替えました。

 

弁当やサンドイッチを食べ終えるとトイレを済ませる為、もう一度コンビニまで下りて行きました。

 

辺りは真っ暗ですが、その後再び波が来た様子も無く、コンビニでは銚子の知り合いにも会い、様子を聞くことが出来ました。

 

ふと、家の方を見るのですが、暗闇だった事もあり、おとなしく先ほどの場所に戻ることにしました。

 

ラジオをONにし、携帯も着信がすぐわかるようそばに置き、しばらく子供らの相手をしていました。

 

余震が起こるたび大きな倉庫の扉はガタンガタンッと音を立てますが、

 

家族全員一緒にいる事が出来たので、皆、落ち着いていられる事ができました。

 

車も後部席がフラットになる為、大人2人子供2人ギリギリ横に寝られます。

 

途中何度も起きるのですがその度に車の数が減っているのがわかりました。

 

近くにいた母らもグッスリ眠る様子は無く、早く朝になるのを待っている感じです。

 

短いようで長い夜、明るくなるのが待ちどうしかったのですが、被害が心配でずっとソワソワしていたと思います。

 

そしてam5時過ぎ、私は運転席に座りました。

 

満タンに入れたガソリンは約半分に減り、辺りの車も十数台になっていました。

 

「5時50分」

 

陽は昇っていませんが、あたりが見えるようになると、隣りにいた母もシートベルトを装着、

 

そろそろか? というアイコンタクトで出発。

 

まずは私の家の駐車場へ。

 

妙な静けさはありましたが変わらない様子…

 

そして私は身動きしやすい服に着替え、いち早く実家の方へ・・・。

 

歩き出して間もなく、一面に泥が広がり、いろんな物が散らばっています。

 

IMG_0092.JPG

 

すぐ先には車3台と自動販売機が道をふさぎ、右端には姪が使用している車がありました。

 

IMG_0090.JPG

 

狭い間を抜けてその先へ。

 

さらにいろんなものが散乱し、辺り一面海の黒い土が隙間なく広がっています。

 

すぐ右手には、近所Mさんのアメリカンバイクが転がってます。

 

車と違い浮かぶことの無い鉄の塊がこんなとこまで。。

 

この辺りまですすんで来ると、先陣を切って家を出た時の意気込みは無くなってきました。

 

こみ上げる感情みたいなものは無く、ただいつもと違う雰囲気、いつも違う光景に、

 

飲み込まれているだけだったと思います。

 

そして実家前に到着。

 

見るとすぐに店の角にある、家の隅柱が折れている事がわかりました。

 

ずいぶん手間に大きな四駆車があったので、ぶつかって行ったのが推測されます。

 

0197341160155b0bd177a87ecfdaff406bcd21b26b

 

玄関のシャッターもひしゃげ、裏の勝手口にまわってみてもどこも開けられず、

 

01cea9897356539c844ed3d89e7d972d85d21526ee

 

店の鍵も外からは回りません、一人ではどうしようも出来ず助けを待ちました。

 

IMG_0114.JPG

 

駐車場を見てみるとブロック塀は倒れ、シャッターも壊れています。

 

そこにも大きな四駆も乗り上げていました。

 

IMG_0103.JPG

 

ここに来る準備をしている時に予想していたのは(海水が床に上がってしまったかなぁ)

 

という程度のものでした。

 

ところがガラス戸から中を覗いてみると

 

海水の跡がおよそ床上150センチ。

 

水が引くときの強さはある程度知っているつもりですが、

 

一階は洗濯機の中でかき回したかの様な散乱ぶり。

 

ここまでとは思いませんでした。

 

30年間暮らした場所はもう一つの家です、

 

見ている事を受け入れられずにいました。

 

後から到着した母、兄たちも家の様子見て言葉を失います…

 

とりあえず私は窓ガラスを割らずに何とか中に入ろうと、もう一度あちこちと探り、

 

結局裏手の父の椅子の真後ろのガラス戸を力ずくでこじ開け、何とか入る事が出来ました。

 

IMG_0110.JPG

 

ガラス戸が中から色んなもので押され、しなり、今にも割れそうになっていたので

 

いち早くそれをどけ、どうにかこうにか店の出入り口にたどり着きました。

 

ようやっと内側から鍵を開けることが出来たのでそこから皆入ることになりました。

 

IMG_0111.JPG

 

とりあえず”貴重品” ”現金”と指示があったんですが、金庫が全く見当たりません。

 

あんな鉄の塊がどこに行くのか…

ボヤきながら探しました。中は薄暗くゴチャゴチャです。

ガラスも割れ、容易に移動も出来ません。

 

IMG_0083.JPG

 

仮に”物盗り”が侵入したとしてもこれでは無理。

 

手を付けるにもどうしたら良いかわからずにいました・・。

 

IMG_0079.JPG

 

二階は物が倒れているだけだと思うので、

 

比較的移動する事が出来そうな店から、二階へ続く階段への足場をつくりました。

 

しばらく苦戦していると、親戚の叔父が駆けつけ、ようやっと玄関のシャッターも開けることが出来ました。

 

開けたはいいのですが、またも手の付けどころを考えるのに時間がかかります。

 

手前の物から出すしかありませんが冷蔵庫や冷凍庫、靴棚、容易に動かせない物ばかりです。

 

IMG_0108.JPG

 

IMG_0101.JPG

 (飯岡農協前)

IMG_0085.JPG

こ、こんなのどうすんだ…

 

 

〈続く〉

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント