【3月11日の海。-支-】

<この記事は2011年3月11日、東北地方沖で発生した巨大地震によって千葉県北東部(旧飯岡町)に到達した津波(約7メートル)による被害を、その地域に住む著者が具体的描写で個人的に記録、見解を述べたものです。>
注)被害状況の実際の画像を掲載してあります

【3月11日の海 。-支-】

(先に-襲-をお読みください)

 

 こ、こんなのどうすんだ…

家の中の片づけは、とりあえず持ち上がりそうなところから取りかかりました。

 

一つ一つ丁寧に運び出すという感じでは無く、アレもダメだ、コレも使えない、

 

と半分ヤケな気持ちがありました。

 

はじめの頃はなんでもかんでも家の前に放り出す、といった感じだったかも知れません。

 

波に押されて来た姪の車、月極めの車庫に大切に保管してある兄の車もそれぞれ確認しに行きました。

 

一度海水に浸かってしまうとダメだそうです、二台とも廃車となってしまいました。

 

しばらくするとまた、手伝いをしてくれる親戚が増えます。

 

皆、必要な会話ぐらいはするようになり、要るもの要らないもの、使えそうなもの、

 

ある程度落ち着いて作業が出来る様になってきました。

 

誰がリーダーでも無く、皆が自分自身で役割を選び、黙々と作業に没頭しています。

 

居間、店、裏庭、車庫、と散乱の様子は色々でしたが、

 

泥は所構わず見事に行きわたっています。

 

IMG_0106.JPG

 

私はまず、店を中心に片づけました。

備品など細かい物も多く、使えるか使えないかの判断もある程度わかります。

 

IMG_0061.JPG

 

二階を支えている隅柱が完全に折れているので、修復を急いだ方が良いと思い、

 

柱周辺を早めに片付けておきました。

 

IMG_0078.JPG

 

余震が起こる度、崩れてしまわないだろうかと、心配しながらの作業が続きます、、、

 

IMG_0059.JPG

 

「翌日」は瞬く間に終わり、しばらくは私の家が避難所となります。

 

水道は止まっていましたが、電気は大丈夫です。

 

車も7・8台停められ、休憩したり、片づけの下準備をしたりするのに適所となっていました。

 

風呂は次兄の家で利用させてもらい、気力体力共に疲れたわたしたちは、

「明日もやらねば」という思いを抱き、早く眠りにつきました。

 

 13日朝、早々に支度を始め、前日よりも色々と準備を整えて片づけに向かいました。

 

私は花粉アレルギーのためティッシュも箱ごと持参。

 

実家との行き来をしている自転車も小型で担ぎやすく、とても活躍してくれました。

 

早速作業に取りかかるのですが、次々と運び出される様々な家財道具により、家の前はあっという間に山ができました。

 

道路を挟んだ駐車場兼物置の方も片づけが進んでいます、

 

門柱に乗り上げていた四駆車も近所の友達のおかげで早めに動かす事が出来ました。

 

また、山の方から引いてある水が使えるため、泥が付いていたものをキレイに洗い流すこともできます。

 

余震が頻発する中、順調とは言えませんが作業は黙々と続きました、、、

 

その日の午前中だったと思います、

 

突然、八百屋の奥さんの悲報を聞きました。

 

旦那さんも一緒に、だそうです…。

 

奥さんはとても穏やかで、旦那さんはいつも元気で優しそうな方です。

 

二人で一生懸命お店を切り盛りしている姿が印象的でした。

 

小さいころから馴染みのあるお二人、、、

 

奥さんはここ何年も髪を切らせていただいてました。

 

私の中では「逃げられたはずだ」という思いこみがあり、何かの間違いだという考えが頭の中を廻りました。

 

それからしばらく色んな事が頭を交錯し、作業する腕には力が入りませんでした、、、

ただ、残念でなりません・・・。

 

店の方はやがてスペースができるようになり、やっかいな泥も掻き出しやすくなって来ます。

 

しかしこの泥がたいへん

 

戸袋や排水パイプ、内壁に至るまで入り込み、充分に掻き出すことができず、

 

”あくせく”した作業が続きます。

 

気分も乗らず、根(こん)が詰まりそうな私は駐車場にいる甥の方へ行きました。

 

いい空気でも吸いたいのですが風も強く、ホコリと花粉で鼻と目はグズグズ。

 

倒壊したブロック塀を片づけていると、近くからザワザワした音が聞こえてきました。

 

今度は「火災」 です。

 

二件となりの家の裏にある平屋から火の手があがり、もの凄い煙が立ち昇っています。

 

実家から直線で20メートルのところです。

 

IMG_0134.JPG

 

消防庫が隣なのですが、とうぜん出動できません。

 

しばらくして消防車が近くに到着します、ですが状況が悪くなかなか放水もできません。

 

こちらにも燃え移ってしまう事を考えると怖さがこみ上げてきました。

 

津波を背に自転車をこいできた時よりも…恐怖でした。

 

「みんなで一生懸命協力してる事が無駄になる!?」

 

そんな風にも考えながら一旦わたしの家まで離れ、一刻もはやく鎮火してくれることを祈りました。

 

パンパンになったホースは連結し、数百メートルも離れた防火水槽まで届いています。

 

しばらくして煙は徐々に小さくなり、鎮火したことを聞きました。

 

全焼したものの、逃げ遅れた人も無く、何とか延焼もせずに済んだようです。

 

その後、気を取り直して作業に戻ります。

 

・・・津波後、私の心配している事の一つに波崎方面の被害状況がありました。

 

知り合いやお客さんも多いところです。

 

私が津波到達時に海を見ていたさい、波はかなり東方向から向かってきています。

 

震源に対して正面に位置する場所なので、飯岡地区よりも被害は大きくなっているだろうと考えていました。

 

もう、震災から一日以上経過しているのですが、何だかこちらからは連絡することが出来ませんでした。

 

そして二日近く経ったころでしょうか・・  携帯が鳴ります。

 

長年通ってくださっている波崎のお客さんSさんからです。

 

まずその方が電話をかけられる状態にあることにホッとしました。

 

旭市というか「飯岡」の津波被害が大きいという事を知り、心配で連絡をくれたようです。

 

私からも「そちらはどうですか?」と聞くと波崎は津波による被害は大きくはなく、

 

水道が止まり、一部液状化がひどいという事を聞きました。

 

他にも心配をいただく電話はありましたが、最初の連絡ということもあり、嬉しかったのを覚えています。

 

余震にも慣れ、それぞれ落ち着いて作業を進めている中、またも騒ぎを感じました。

 

今度は津波警報が発令、「避難して下さい」という防災無線です。

 

IMG_0142.JPG

 

火災避難から、さほど時間は経過していません。警察官も笛を鳴らしながら誘導します。

 

当然皆さんも”津波”という言葉を聞いて慌てて高台に向かいます。

 

私は(なぜ今津波警報が鳴る?)と思い、不思議でなりませんでした。

 

妻には後からすぐに行くと伝え、子供達をまかせます、他の家族も全員車で避難しました。

 

自分の家も充分な戸締りをせず、空けたくもなかったので、車のエンジンをかけ

 

駐車場で待機することにしました。

 

海側の交差点には消防員が残っていて、その場所から海を警戒してくれています。

 

大きな揺れも無いのに何で警報が出るのか腑に落ちませんでした。

 

向かいの家の旦那さんも外に出て様子を伺っています。

 

釣り仲間が言うには「海は至って静かだし、引いてもないし、津波来ないよ。」

 

との事。 そのまましばらく駐車場で様子を見る事にしました。

 

・・20分くらいでしょうか。

 

「津波警報は誤報でした」 というお知らせ。

 

やれやれでした。

 

花粉と砂ホコリで鼻水が垂れるのもお構いなしに作業続行。

 

長く感じましたがその日もあっと言う間に日が暮れてきました。

 

 家で子供達の面倒や、留守番、情報収集、みんなの食事の支度などを整えてくれる妻。

 

そして姉らのおかげもあり、一日中片づけに集中することが出来ています。

 

また、福島原発の〈水素爆発後〉に小雨が降った事もあり、

 

それについてすぐに危険性を教えてくれたのも妻でした。

 

片づけの現場にいると、それどころじゃないと思うかも知れません。

 

しかし、後になって考えれば重大な事を指摘してくれていました。

 

「冷静に考える」いつも自分が言っている事でした…。

 

翌朝も目が覚めるとすぐに確かめる事があります。

 

地震と津波は夢じゃなかった。

 

筋肉痛もある、一階には兄たちも寝ています、

 

現実です。

 

今日も一日でどれくらい片づけられるか、ガレキの回収は来てくれるのか、

 

様々な事を考えながら支度をしました。

 

”現場”に着くとまず前日引き上げた時と変化がないかチェックします。

 

わかりづらい状態でしたが人が忍び込んだ形跡が無いか一通り見て回りました。

 

小網町通りは各家から出る廃棄処分となった家財道具が山のように積まれ、車両がなかなか通れません。

 

それでも他より早い段階で回収車がまわって来てくれました。

 

最初に来てくれたのは地元の建設業者のダンプカーです。

 

その中から降りた一人は飯岡の同級生で、久しぶりだったのですが昔話をするわけでもなく、

 

大きい体でガレキを次々と積み込んでいってくれました。

 

そして、私の幼馴染みの実家もすぐ近くにあり、やはり一階は全滅、

 

お姉さんの旦那さんも手伝いに来てくれているようで電気の復旧作業をしていました。

 

ひと段落ついたらウチの方も見てもらえるようお願いしたところ、すぐに来てくれて、

 

玄関に一カ所だけ、臨時のコンセントをつけてくれました。

 

「すごい!なんていい人だ・・」 

 

これで電気工具使えたり、電化製品の確認もできたりするぞっ。

 

見てもらうだけのつもりだったので、思わず感動しました。

 

やがて一階のものが大体運び出されると、やはり泥の掻き出しが主になって来ます。

 

初めのうちは大きい角形スコップで中の泥を何度も何度も外に運び出しました。

 

途中から私は裏庭と排水溝の方にまわりました、区別がむずかしく、作業のしづらい場所です。

 

裏庭では、元の土を削らないよう海の泥だけをすくい、狭い通路を通って表に出さなければいけません。

 

土の色が多少違うものの、馴染みの無い人には、とてもむずかしい作業です、

 

小学校の頃、裏庭の隅っこで隠れて遊んでいた記憶をたよりに一人奮闘しました。

 

排水溝の泥もしぶとく、甥と二人、小さなスコップを使い、かがみながらの作業が続く作業では、腰痛を再発させるハメとなってしまいました。

 

 店、居間、台所、和室、全て水を流せるようになるまで四日ほどかかったと思います。

 

IMG_0075.JPG

 

その間、兄はぶ厚いドブ板で指を挟み、母と叔母は同じ場所で同じようにデコをぶつけ、

 

皆、疲労を溜めながらの慣れない作業にてんてこまい。

 

次兄は市役所務めの為、連日泊まりがけ「東奔西走」の忙しさ。

 

精神的ショックもありましたが、叔父さん叔母さんはじめ、いとこらの助け、あったかいカレーやおにぎり、レトルトやドリンクの差し入れ

 

心配で、家まで訪問してくれる人もあり、笑顔も自然に戻ってくるようになりました。

 

中にはビックリするような偶然もあったのです。

 

津波から四日目の頃、妻にみんなの夕飯どうしようかと聞かれました。

 

私は 「そろそろ惣菜でも食いたいなぁ」 と言いました。

 

「鳥忠(とりちゅう)」 行ってみる?

 

となりの銚子市で人気の惣菜屋さんです。

 

「時間かかるしどうしよう」 「でも食べたいよなぁ」

 

と、何となくその場は話だけになってしまい、結局少し残っているものをおかずにしよう、という事になりました。

 

そしてその夕方・・・

 

家に引き上げてしばらくすると 「ピンポーン」 とインターホンが鳴ります。

 

「銚子の〇〇〇〇です」

 

私の元に15年近く来てくれているお客さん、Tさんです。

 

やはり”飯岡”という事を聞いて心配になって来てくれたそうです。

 

手に持つ包みからは何やらいい香りが・・・。

 

「こんな物の方が良いと思って。」

 

と、差し出してくれました。

 

な、なんと、さっき話していた「鳥忠」の惣菜ではありませんか!

 

ビックリした私はついお礼をしつこくしてしまいました。

引き寄せ!? いやいや、相手の思いやる気持ちの結果です。

 

大量に頂戴した惣菜はみんなでおいしくいただくことが出来ました。

 

五日目、家の前に出された”ヤマ”もだいぶ回収され、中の片づけもひと段落。

 

駐車場も整理され、あとは消毒を行い、修復も早くすませたいところです。

 

全部のコンセントも電気屋を待つばかりとなりました。

 

その頃になると、広めの道路は自転車ならスイスイ通れるようになっており、

 

隣の町内や海寄りの方へ走り出てみる事にしました。

 

IMG_0062.JPG

 

何も手つかずの場所、一人で片づけをされている方、

 

狭い路地ではまだ一度もガレキを回収できていない所もあり、

 

一軒一軒目にするごとに気持ちが沈み、戻る時には自転車を降りて歩いて帰って来ました。

 

IMG_0073.JPG

 

やがて、消毒と隅柱の修復がとりあえず終わり、店、廊下を含む一階すべての床の張り替え、

 

壁、建具、ひとつづつ進み、各部屋に灯りが戻ったのは六日目からだったと思います。

 

IMG_0072.JPG

 

そして、鍵も全部かけられるようになり、台所にも新しいフローリングが張られ、

 

暖もとれるようにまでなりました。

 

一方、私の家の方も水道が戻っていたので、一階のトイレ、風呂、仕事である店のお湯も出せます。

 

あとはゴミや砂、荷物等を片づけ、キレイに掃除をすれば仕事を再開できます。

 

予約の電話も心配して下さる声と共にいただけるようになりました。

 

私の店は翌日の18日より再開。約一週間の休業です。

 

再開してすぐの日は、お客さんの合間に残りの片づけをしに行きました。

 

ボランティアの方々が見え始めましたのはこの頃です。

 

人手が足りず、片づけ等が滞っていたお宅は助かったと思います。

 

実家では、店がごちゃごちゃになり、やる気が失せてしまっていた母も、

 

始めの頃の様子とは違います。

 

使えるものを集め、キレイに洗った椅子も並べ、ハサミやクシ、その他備品などを

 

整えはじめていました。

 

ショーケースやシャンプー台、促進器などの機材も新品とはいきませんが、

 

インターネットで母の使いやすそうなものをさがし、手配しました。

 

道具が揃うにつれて母の気持ちも再開に向かっていったと思います。

 

津波で壊れたしまった物や、廃棄処分となってしまった思い出詰まった家財道具たち

 

いたるところに傷も残っていますが、家族全員無事だったことが何よりも幸運に思いました。

 

「大規模半壊」 という結果になりましたが、沢山の方々の協力により、

 

私の実家は、被害の割には早く復旧が出来たと思います。

 

その後も、力士やプロ野球選手、歌手、天皇陛下と皇后さままでも慰問に来て下さいました。

 

IMG_0130.JPG

 

IMG_0131.JPG

 

IMG_0141.JPG

 

長男の入学式も遅れはしましたが、TVでも採り上げられ、あたたかい拍手の中執り行って頂きました。

 

IMG_0140.JPG

 

そしてまた、津波に襲われたにもかかわらず、同じ場所に家を建てる勇気のある方。

 

再起が危ぶまれた山中食品さんも立派に立ち直り、国民宿舎飯岡荘(現:いいおか潮騒ホテル)も再開のメドがたっています。

4年が経過する今では、復興住宅、避難タワーも完成し、堤防もかさ上げ工事も順調にすすんでいます。

しかしながら、倒壊してしまった家屋も多数、〈死者13名 行方不明者2名〉といった悲しい事実がある事も忘れてはいけません。

 

今も同じ飯岡の人に話を伺うと、自分の体験した事や、見た事、感じた事や伝えたい思い、

 

溢れるように言葉が出てきます。

 

一人一人にストーリーがあります。

 

私も、一人で海に向かったことに対し、妻から叱責を受けました。

 

有り難いことであり、反省しなければなりません。

 

震災前に体調を崩し、2012年に他界した父も飯岡の津波被害について、

 

晩年を費やし、「短歌集」や「手ぬぐい」として記録を残していきました。

 

IMG_0135.JPG

 

「忘れる」

 

ということも前向きに生きるため、人間にとって必要かも知れません

 

IMG_0137.JPG

 

ですがこの日、3月11日に起きた「津波」は数多くのことも私たちに教えていきました。

みずから体験、目にした人たちは、そのことも踏まえ、多くの記憶と共に、多くの”記録”をきちんと残しておく義務がある、

とわたしは思います。

 

 最後に・・・

街なか音を立てずに引き返していく波は、こう言っていた気がいたします

「わたしは何もしていない」

と。

016ab6d65f6078144d2493971f1ad4c60658c88116



※記載されている内容につきましては2011年3月11日、東日本大震災による千葉県旭市飯岡地区の津波被害について、作成者の個人的な見解及び作成者の周辺で起きた出来事のみ、記憶をもとに表現したものとなります、全ての事実は正確に記述し難い事をご理解下さい。また、復旧に際し協力して頂いた方々への感謝の気持ちを銘記する事と共に、津波により命を落とされてしまった方への哀悼の意も込めさせていただいております。


作成者 向後 正春
作成日 2015年 3月


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント