旭市、銚子市、神栖市からも!ヘアドネーションならもう迷わない

200%の信頼

昨年の暮れ、賛同店となった当サロンにも、髪の毛を寄付されたいという方が早速いらしてくれました。

となりまち旭(あさひ)から、そして銚子(ちょうし)、川を越えて神栖市(かみすし)から来てくれる方もありました。

当然ですが、今までも髪をバッサリ切られる方はいらっしゃいました。

カウンセリングの時に、だいたい決まって「もったいないですかね?」と迷い、私に確認をされます。

私はそこで「何かいい後押しは無いものか?」と度々思いつつ、

カットし終わったあとにも、床に落ちている毛束を見つめ、「やっぱり捨てるしかないんだよなぁ」と思い、丁寧に掃いていました。

この活動は、ドナー(髪を提供する人)となる方が発端となり、美容師やNPO有志、海外での特殊加工やウィッグ会社、いくつもの場所、工程を経た後に、ドニー(子どもたち)のもとへとウィッグが届けられるものです。

そんななかでも、我々美容師はドナーさんと直接関わることができるので、”とてもありがたい”という気持ちと共に、勇気をも受け取ることができます。

その気持ちは、ゴムで結いた毛束にハサミを入れるとき最高潮に達しますが、、

お客さんの顔には何の迷いもありません。

むしろ誇らしげで、単に髪を「バッサリ」いくときの”それ”とは違う感じです。

私も思い返すことは無く、

ただ一点、切り離すポイントを見極めることに集中します。

そこには何か…同調している波長のようなものが感じられ、、さらにその勇気を称えるように、ヘアスタイルを完成させます。

そうすることで周りの人にも自信を持って伝えられ、またドナーがうまれる。

そんな”つながり”となって拡がっている「ヘアドネーション」であります。

では、ご紹介にうつります

※こちらは7歳

とても愛くるしいお顔の小学1年生女子

長い髪がトレードマークだったそうです。

「困っている他のお友達の役に立てる」ということを知り、短くすることを決めました。

生まれて初めて体験する衝撃的な違和感に少し戸惑ったそうですが、似合っていることもあり、すぐに気に入ってくれたそうです

募金もお預かりしました、どうもありがとう☆

※続いてこちらの方は成人式後に髪を短くしたいと思っていたところ、ヘアドネーションの記事を発見し、

「やるしかない」という想いに駆られ、連絡をくださいました

タイムリーです

素材を活かします

規定の31センチをギリギリクリアしてのヘアスタイル作りですので、切り離す毛束は細めにとります

なおかつ、クセを活かしてのオモカルボブ

気持ちが軽くなったそうです

※続いてストレートヘアの女性、職場でもヘアドネーションの話題があがっているそうです

サイドの部分が若干足りなそうだったのですが、せっかくなので完成のヘアスタイルを調節しつつ全部を束ねてみます

切り離し直後

艶やかな毛束となりました

カット終了、髪質が素直ということもあり、分け目をかえ、リニューアル♪

スタイリングすればも自然なボリュームも出やすく、いきいきとしたボブに。

また、髪を寄付するために、伸ばしていくそうです

ありがとうございます。

ドナーシートと共に、一人分づつ丁寧に袋に入れ、今回は三人分の”毛束と真心”を送ります。

・・・このヘアドネーションは、ヘアカットの勉強にもなります

言い換えますと、安直にできるものではありません。

通常ロングからショートにする場合、多くは「粗切り」をします

理由は切りづらさを無くすためと、隠れている髪のクセ、に対応するためです。

ドネーションカットは、この「粗切り」をせず、より慎重な見極めが必要となるため、経験もある程度いります

ヘアスタイルとして残す髪を出来るだけ長く残しつつ、切り離す方の毛束も規定をクリア。

つまりは床に落とす髪をできるだけ少なくしたいのです。

そのため、ブロッキングをひとつひとつ細めに取り、ハサミの入れる向き、切り口も計算に入れ、カットします。

ご自分でカットし、ご自分で毛束を郵送される方もいらっしゃるかもしれませんが、心地の良い髪型でいられるためにも、できるだけ”JHDAC賛同サロン”にてカット、アフターカットをしてもらう事をお勧めします。

当サロンは、送る髪と残す髪の”両方のできるだけ”をいたします。

そこには、

100足す100、

200%の信頼が存在しています。